スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第22話:祭囃し編 其の九「攻防」:ひぐらし解
2007年12月08日 (土) | 編集 |
ひぐらしのなく頃に解

第22話
祭囃し編 其の九
「攻防」
富竹が捕まってしまい、入江診療所に担ぎ込まれます。
梨花の家に、電話をしています。入江は、その間に逃げようとしますが車のタイヤを狙われます。
崖から落ちてしまいますが、生かして捕らえるためにひばりたちは様子を伺っています。
入江の白衣には、発信機がついているようですね。
それで、園崎家に逃げ込むのですが鉄の扉の中に逃げ込みます。
山狗たちは、10時の花火音に紛れてこの扉を爆発させようとします。

1分以上電話をしていたので、赤坂は梨花の家に向かいます。
その途中に、尾行してきた人たちに立ち向かいます。

奥に逃げようとします。先頭は、魅音に向かわせます。
詩音と葛西は、しんがりを務めるといいます。
みんな下がっていきます。
詩音の「来世も双子がいいね」っていい台詞ですね。
結局は、詩音たちもやられてしまい、入江と梨花と詩音たちを交換条件に出します。
その条件をのむ梨花。地上に出ると小此木に会います。
条件をのんだのに、圭一たちを攻撃しにいく山狗たち。裏切られたと思っていたときに、赤坂が現れます。
赤坂強いし、登場の仕方がかっこいいな。

詩音たちもやられたフリをしていただけのようで、山狗たちは逃げ出していきます。
これから、梨花たちの反撃ですね。


悟史が生きているということをきく詩音。
詩音は、それを知り入江診療所に向かうことを決めます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 最初は何も知らず、手に収まらないほどの希望があった。  そして何もわからないまま未来は破綻した。  やがて努力することを覚えた。  それは努力が及ばないものを知ることでもあった。  いつしか妥協することを覚えた。  そうしていくつもの幸せが欠け落...
2007/12/09(Sun) 02:13:47 |  月の静寂、星の歌
「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産> 富竹が敵に捕らえられた。その事実を知った入江は、すぐさま赤坂に連絡を入れると、一瞬の隙を突いて診療所から逃げ出す。だが、鷹野は決して逃がそうとしない。追っ手をすぐに差し向けると、入?...
2007/12/09(Sun) 20:35:43 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。