スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第20話 祭囃し編 其の七「トラップ」:ひぐらしのなく頃に解
2007年11月20日 (火) | 編集 |
ひぐらしのなく頃に解



第20話

祭囃し編 其の七
「トラップ」
鷹野が、故意に緊急マニュアルを実行していると入江と富竹に教えます。
誰かが、鷹野にけしかけているということ。富竹も山狗に殺されることをいいます。

ちょっと信じられないという感じですが、大石と赤坂が来ます。
赤坂が昔妻が助けられたこと、そしてその恩返しをするということをきいて梨花もうれしそうだな。
アルファベットプロジェクト??
打ち切られた裏金ルートの一つが、入江診療所にお金が入っているそうです。
そのお金についてわからないみたいですね。

富竹が、なぜこんなにいろいろと知っているのが、不信に思うようですが、「オヤシロ様がついている。」ということで、とりあえず、信じてくれたようです。

別件逮捕とかできないか提案もしますが、大石は、年齢的に今回のことから手を引くことを提案します。
そして、雛見沢連続怪死事件について園崎家が関わっていないということを告げます。

次の日、部活メンバーに前の漫画の案は、本当に起こることということを告げます。
みんな梨花の話を信じてくれているみたいですね。

入江診療所では、入江と鷹野が話しています。
診療所が、閉鎖したらどうするのかと鷹野にカマかけている感じですね。
続けたいけれど、資金やらいろいろとない状態ではできないと思っているみたいですね。
願いを実現できなくなってしまうということを告げます。

結局、梨花は園崎家にいることになるそうです。
梨花の家には、赤坂がいるそうです。
富竹は、いろいろと調査をしてもらっているそうです。
緊急マニュアルを実行させないようにする。その作戦を考えているときに、沙都子と圭一は作戦を考え付きます。
それが、梨花が死ぬということ。

入江が梨花たちの家に赤坂に会いに行きます。
監視している気配とかあるみたいです。
緊急時にどうするかを連絡手段を決めます。
電話のコールの長さでどうするか判断するそうです。

梨花が死ぬという作戦は、警察が死んだということを発表することによって発症がしないと緊急マニュアルが使えないということになる。
これは、大きなことになるので今すぐには判断はできないようです。
羽入&梨花コンビは、すごいことをさらりというな・・・。

富竹は、調べた結果がわかったようです。
入江機関では、不透明な部分があるようです。
小泉は、鷹野に10億ほどのお金を提供している。そのお金で山狗を買収しているかもしれない。

祭りの準備中。
地域のおばあさんたちは、沙都子が死んでしまうということを心配しているようですね。
みんな3人(梨花&沙都子&羽入)を心配しているみたいですね。
園崎のばあさんも心配しているんだ。

大石は、お墓参りに来ます。
そこで、園崎家の人たちに会います。
もうダム戦争は終わったこと。子供たちに受け継ぐもの。いい加減に終わらせないといけないもの。
そして、大石は圭一たちの計画に賛同することを誓います。


他の刑事に圭一たちの作戦を告げます。
賛同してくれるようですね。
大石の同僚、すごいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産>少しの期待・・・だがすぐににそれがぬか喜びであったと思い知らされ、絶望の闇へと沈んでいった過去の記憶・・・。そして、再び世界が動き出した。果たしてこの世界に、希望はあるのか・・・。
2007/11/21(Wed) 02:00:28 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 最後の世界だとしても、私は恐れない。 信じて突き進むことしかできないのだから。 力が足りていないとしても、私は嘆かない。 元より私だけでは奇跡は起こせないのだから。 私たちの大舞台に、役者が次々と上がってゆく。 今年の綿流し祭の日が、いよ....
2007/11/23(Fri) 00:15:05 |  月の静寂、星の歌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。