スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆殺し編 其の伍「対決」:ひぐらし解
2007年09月07日 (金) | 編集 |
ひぐらしのなく頃に解 



第10話
皆殺し編 其の伍
  「対決」
村の集会所でお祭りの相談中に先生と校長がきます。
そこで、明日で相談所にいくことを様子を見ようということになります。
学校が、なくなってしまうかもしれないということになるかもしれない。

北条家は、もう誰も恨んでいないかもしれない。
肩をもつとそこから北条家のようになってしまうかもしれない。

村の集会所に集まっている人たちをどうにかしようとします。
村と役所は、癒着しているから役所に逆らえないんだそうです。
「ししゅ」?同盟というものがあるそうです。
それは、一人のために全体で戦うというものがあるそうです。
圭一は、いろいろと熱く語っていると賛成者がでてきます。
園崎家当主のおばあさんに賛成という言葉がもらえたら、町会の人たちも助けるということだそうです。

そして、園崎家のおばあさんに会います。
すごい迫力のある人ですね。前原家は、いい印象ではないようですね。
圭一は、真剣に頼み込みます。

結局は、賛成を受けます。
これで、町会の支持を受けることになります。

梨花は、運命を変えれるかもしれないと思います。
圭一が雛見沢にこない運命もあるんだ・・・。

児童相談所は、結局は拒否をされます。
所長は、変な人だな・・・。
直談判にいきます。町内の人とか、ほかの町内の人もきてすごいことになっています。
しかし、その集まりも所長によって解散させられそうになっててしまいます。

その間も、沙都子は暴力をうけています。

しかし、市長やら市議会議員やらでてきたおかげで所長と会うことができます。
よほど、おばあさんに気に入られたようですね。
そして、沙都子の家に電話をかけるのですが・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉 圭一たちに対し、児童相談所への働きかけを止めるように押し寄せる圧力。それは、他ならぬ雛見沢の長老たちの意向だった。その老人たちに真っ向から相対する圭一、レナ。はたして、彼らを説得することが出来るの...
2007/09/08(Sat) 04:01:50 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
沙都子を救うために圭一は、雛見沢の暗部と対決する。もう北条家を恨むものはない。…しかし北条家に味方する者は排除されるという不安。みなが怯えていたのは、ありもしない影…それがオヤシロさまの祟り。雛見沢の
2007/09/11(Tue) 09:25:09 |  SERA@らくblog
 そこは運命の袋小路。 決して覆せない最悪の目が出た―― 、そう思っていた。 でもこの世界は何か違っていた。 誰も間違った手段を選ばず、圭一が中心になって、 私たちは次第に仲間を増やしていった。 ―― でもまだ足りない。 鉄平が帰ってくる....
2007/09/12(Wed) 06:45:33 |  月の静寂、星の歌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。