スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「交渉」:ひぐらし解
2007年08月31日 (金) | 編集 |
ひぐらしのなく頃に解


第9話
 皆殺し編 其の四 
  「交渉」
梨花や圭一たちは沙都子について、クラスで話し合いを始めます。
沙都子を助けるためにどうにかしようとします。
みんなで沙都子を助けようと頑張ろうとします。

17名って多いのか?
分校って、そんな人数なのかな?
相談室にあわせるだけでなく、こちらの人数に合わせて欲しいと頼んで受け入れられます。
やっぱり最初のときと変わらない状態で帰ってきます。

けれど、クラスメイトのみんながなんとかしようと少しずつなのかな?
変わっていくようですね。
このままでは、いけないと言うことで大人を誘うのですが、けれど北条家の沙都子はほぼ無理だそうです。

圭一は、どうにかしようとします。
それは、前に野球対決した甘党の亀田だっけ?
その人を誘うのですが、無理やり丸め込めたと思ったら、周りにいる男(というか、レナたちを除いて、お店に男しかいないって・・・。)しかも、常連の人たちすごいな・・・。
お店のアルバイトの人たちとかその友達も参加します。
そして、入江、富竹、鷹野さんも参加することになります。

大石は、引き際が肝心といいます。
児童相談所は、園崎家に接触をしたようです。
そして、そのことでこのことを知ってしまったようですね。

次の日、どうしようかと相談しているときに沙都子がきます。
でも、目が死んでいるようでしかも決められたことを言っているだけにしか見えない・・・。

圭一は、沙都子が頑張っているということで頭を撫でていると泣いています。
みんなで助けようと相談所に行くことを言います。
だから、相談所の人がきたといいます。

あと1歩が必要ということで手を出して欲しいといいますが、無理でした。
病気で、倒れてしまいます。
病気で入院ができないかということなるのですが、沙都子が断ることを予想します。
家にいるのは、叔父が兄の部屋を無くしてしまうからだそうです。
だから、家にいるしかない。

夕方になると相談所に行きます。
バイト先の制服のままっていいのか・・・。

代表者3人で話し合いを始めます。
梨花は、今までのことがありずっと傍観者を続けていたのですがこのことがよくないということに気が付き、自分で説得をするということを決めます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。