スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢想
2006年07月21日 (金) | 編集 |
水の旋律 夢想組曲

前作と打って変わってギャクだけのCDドラマになっています。
本当に楽しくて、笑いすぎておなか痛いくらいです(笑)

マリンエンタテインメントでインタビュー記事が載っています。
http://www.marine-e.co.jp/marine-frame.htm

インタビューにパパーズ(小野さん命名)が載っていたことに驚きつつ聞いていたら、出番ありますね(笑)

以下詳しい感想
・密会
出だしに、政継、真秋の二人が出てきたことにまず驚きました。
そして、子供へのバカがつくほどの溺愛っぷりに笑えてきました。
水季は、ニートなんですか!?(笑)

・合同交流会
確かに、貴賓室に九艘側がいるのは不思議な感じが・・。
憲吾に任せていいものか・・・。

・兄弟の不安
その不安はあたりかもしれないですね。

・ハンターの受難
シュークリーム1つで恩を売られる優がかわいいな~。
片瀬とのやり取りいいな~。

・都合のいいシンデレラ
ここは、視聴で少し聞いたところだけれど、拓哉の棒読み加減とか、視聴では聞けなかった愁一の英語というか話し方が笑えました。
憲吾もどちらかというと棒読みですね(笑)

・強力な助っ人
こうやって手塚が参加することになるんですね。
学生じゃないし、どう参加するのかなと思ったら、憲吾に頼まれて台本を書くことから、仲間に入っていくのですね。
というか、片瀬と従兄弟って知っているってことは、ゲーム後のことなのかな?そう考えるとキリが無いか。

・密談
またパパーズの話し合いだ(笑)
おぉ、料理をするんだ。

・チャンスは公平に
お座りしている優(笑)
かわいいな~・・・。
予想通りに、ケンカをしあうんですね。
本当にここは楽しいです。
ここだけでも、聞いて欲しいです。
眠れるの森姫の片瀬の姫は、いびきは楽しいです(笑)
結局は、陽菜がヒロイン役で他の人がくじになるのですが、何が何でも邪魔をするみんな(笑)
圭の着メロがチャルメラとか、邪魔をするために演歌流れてきたり、力を使ったり。
竹取物語は、片瀬のやる気ないナレーションと求婚者のメンバーが持ってくるものをことごとく否定する仁美(笑)
かぐや姫以外も月にいくことになるんです。
白雪姫は、九艘と一謡の戦いに。
愁一は、確かに役に立たないよな・・・。

・本番当日
優は、せっかく作った舞台がもったいないのかな?
残念そうですね。
拓哉は、棒読みじゃなくてできているんですよね。

・打ち上げの悲劇
残すなってところで、少し予想できていましたが、一風変わった料理で予想的中!
持病の尺は九艘ならありえない(笑)
身長に反応するする優はかわいいけれど、刀出しているほどの味なんだ!
みんな倒れるんだ・・・。
料理は、本当にまずそう・・・。
絶対に一人は味音痴はいると思いましたが、本当に仁美がそのタイプだとは・・・。

キャストコメント
パパーズも、コメントあるんだ。
確かに、死んだ人の復活ですね。
でも、ルートによっては生きているんだけどな~。
スポンサーサイト
テーマ:乙女ゲー
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。