スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その国を飛び越えて来い
2007年07月27日 (金) | 編集 |
さよなら絶望先生

第3話「その国を飛び越えて来い」



OPめ!
変わるところは、やっぱ読解不能です・・・
今回は、OPの前に誰かを探しているみたいですね。
ゴミ箱に入っていた、テレビを見た人。

教卓の下というか中にいる常月といつもどおり105円を払う可符香。

絶望先生のクラスに海外組の人が帰ってきます。
先生は、なんか苦手のようですね。

目を合わせてしゃべるのは、嫌なのかと思ったら慰謝料請求されると思っているようですね。

私も行ったことないんだけどな~。
ということは、私も出島になっているのか。
可符香は、それは留置所!!!

木村カエレは、どちらにも対応している人格を作ったようですね。
最初にいたのは、外国人格のそのうちに日本人格のカエレになったようですね。
可符香は、名古屋じゃないから!!!

カエレは、絶望のことが好きになったようですが、すぐそばに常月がいることがショックで死んでしまおうと思い、屋上から飛び降りようとします。
しかし、心中予定地だから譲らないと絶望にとめられます。

法廷画に絶望したということで帰ります。
変わりに、出席をとると「関内太郎」という名前の女の子がいます。
その子は、本当の関内から名前をかったマリアという女の子だそうです。
合法的だからと納得した千里!納得の仕方が違うと思う(笑)

マリアは、守りたいという感情を引き出しやすい人格のようですね。
でも、なんか違う感がするようなしないような・・・。


今回の黒板。
ホップスッテプダンプ、ンドゥール、デスニート、ンジャメナ、ショタ野郎、猪突猛進鍋などなど。

微妙に、上の数字も微妙に変わっているんだよな~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さよなら絶望先生 特装版1海外組がやってくる!望は、大いなる期待感を抱いていた。きっと、優秀な生徒に違いないからだ。しかし、クラスの生徒達は少しの戸惑いを見せる。そして、彼女が現れた・・・。
2007/07/28(Sat) 02:11:46 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。