スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心満たすハーモニー
2007年03月22日 (木) | 編集 |
金色のコルダ primo passo


第24話 「心満たすハーモニー」
月森が香穂子にチケットを送ります。
それは、母親との競演するコンサートのチケットでした。

楽譜をみている香穂子にリリがきます。
ヴァイオリンを弾くのは、香穂子自身か。

冬海は、ちょっとでも成長していると思いますけどね。

放課後、音楽室にいる金澤は歌を歌っていました。
けれど、途中で歌えなくなってますけどね。
歌を歌えないことを気がついた香穂子は、いつか聞いてみたいと言います。

次の日かな?休みのようで、外でひいている香穂子に火原が見ています。
木の下で、こっそりとみているのでなんか違うように見える…。
その後、カフェでデザートを二人で食べるのですが、男のロマンか!!
火原も弾くのを決めているんですね。

志水は、すごいことを言いますね。
香穂子の楽譜は、心にあるか~。
さらりとすごいな~。

香穂子は、渡されたチケットのコンサート会場に向かいますが、時間が早いので近くの海辺に行くと月森がいます。
桜貝をみつけてとろうとするのですが、割れやすいから気をつけろと注意されます。
心の底から生まれる音色か。

ほかのコンクール参加者もコンサートが来るのですが、ほかの人は母親から送られてきたそうです。
しかも、ほかの人は同じ列なのに香穂子だけ一人違う列。
コンサートも月森の親子の演奏になります。
いつもとは、違う音みたいですね。

月森は、ほかの参加者がいないと思っていたのかすごい顔。
お母さんは、香穂子を誘うことをわかっていたみたいですね。

香穂子は、楽譜だけではなく自分らしい演奏をすると決めたようですね。


今回は、作画戻ったのかな?
名前が…。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。