スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FILE7 「血ぬられた迷宮」 #4
2007年03月08日 (木) | 編集 |
ゴーストハント


第21話  FILE7 「血ぬられた迷宮」 #4
浦戸の除霊ができないわけ。
悪魔・妖怪みたいな化け物になってしまっているので、除霊ができないそうです。
家を解体するしかない。
というのが、ナルの説明です。

この屋敷の依頼ではなくて、デイビス博士の偽者についての依頼なんだ!!えっ!?
というわけで、撤収することにします。

真砂子と呼び捨てにすることを嫌ったりするのは麻衣だけをナルが名前呼びを気に入らないみたいですね。
ナルについての会話か~。
一人で部屋からでる真砂子。
ちょっと経ってから部屋から出るといなくなってしまいました。

空白部分に探しに行ってもいませんでした。
麻衣は、寝ると夢をみました。
そこでナルが教えてくれた扉を開けるのですが、そこは麻衣が前にみた実験室でした。
そこに、真砂子はいるのですがナルが励ましてくれていたそうです。
麻衣は真砂子にお守りの鍵を渡します。

夢から覚めて、夢で見た部屋を探します。
そして、夢で見たとおりの道順になっていて本当に真砂子と会うことができます。
そこには、今まで実験していたかのような血があったり…。

風呂の中に血の海になっているところから、幽霊出てきたりしているんですけど…。
腕をつかまれた感じがしたり、血の足跡ができたり…。

すぐにその場から逃げることにします。
そして、外にでることができました。
その実験室のそばから、骨やら遺体やらがあったそうです。
ナルは、立つと櫛を落とします。
みんな平和な感じですね~。

結局は、家を燃やしたみたいですね。

父親は、超心理学の研究者か~。
森さん、ナルとリンの駆け落ち中っていう冗談を(笑)
・・・たぶんか(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。