スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
令嬢探偵感想:四季
2007年03月06日 (火) | 編集 |
令嬢探偵

キャラ感想。

今回は、四季です。
二重人格キャラ。
そのシーンが出る前から、普通に出てくるときの感じがそんな感じがしたので、やっぱりと思いました。

康二は、四季の双子の弟です。
事故というか、殺されそうになって植物人間状態のまま病院にいるのですが、戻れないので幽霊というか、生霊?の状態で会社にいるようです。
その看病やら、両親のこととかがあり、すごい性格がひん曲がっています。
貧乏とかもあり、お金持ちの主人公をひがんでいます。

この人のルートの場合、EDが
・四季
・康二
・二人
となるんです。
なのですが、最初二人EDになり、わからなくて何度かやり直しました。
基本、四季があがるような答えを。康二の選択肢は、悪いか普通の感じで、なるべく必要最低限しか会わない。
と選んだら、四季EDになりました。

この人は、本当に庶民的で普通な感じがしました。
家族絡みだと、ちょっと暗ーくなりますが、デートイベントとかほのぼのした感じです。
好きな人は、いじめるタイプ?に近いかも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。