スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FILE7 「血ぬられた迷宮」 #3
2007年02月28日 (水) | 編集 |
ゴーストハント


第20話  FILE7 「血ぬられた迷宮」 #3
先週の実験室みたいなところは、夢だったようですね。
パニック状態の麻衣でしたが、ナルの持ってきてくれた紅茶で落ち着きました。

消えた人たちは、若い人ばかり狙われているということに気がついた麻衣たち。
誰か必ず複数で行動することにします。
・・・教授ってナルの両親??
リンって、監視するためにナルのそばにいるんだ。
なんで、一緒にいるのかと思いましたが、そういうこと?
結局は、安原が、抜けることになります。

家は、中心部分が何があるかわからないそうです。
そこに、まどかとなぜか一緒に安原がきます。
煙突の数が、外と中ではちがうようです。
あとは、外では安全で事故にあう人たちはみんな中にいる人だけ。
ほかに、庭のことやら教えてくれるのですが、それは麻衣がみた夢のものと似ているものでした。
そして、美山鉦幸と浦戸は同じ人。
麻衣の見た夢は家政婦さんのみた夢だったようです。

突然、照明がきえてラップ音がします。
そして、照明がつくと「助けて」「イタイ」と一緒に「浦戸」が書かれています。

真砂子に霊を呼び出してもらおうとするのですが、麻衣が反対します。
そのときのナルの顔が曇ってたな…。
リンが招魂術をすることにします。
鈴木さんを呼び出すのですが、浦戸の言葉に反応していたな…。

浦戸はブラドに似ているみたいですね。
ブラドは、吸血鬼の意味みたいですね。
血を求めるために若い人を求める。
そして、なにか知っているのを隠しているために増改築しているみたいですね。

そして、隠された部屋に探しに行きます。
そこに遺体が見つかりました。
そして、ほかの人たちに知らせるのですがデイビス博士はやっぱり偽者なんですね。

ナルは除霊は、不可能といいます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。