スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3セレクション編
2007年02月20日 (火) | 編集 |
金色のコルダ ~primo passo~
  クラシック・コレクション 第3セレクション編


そういえば、書いていなかった感想…。

というわけで書こう。その1です。(まだあります…。)

金色のコルダ ~primo passo~ クラシック・コレクション 第3セレクション編 金色のコルダ ~primo passo~ クラシック・コレクション 第3セレクション編
オムニバス(クラシック)、水橋かおり 他 (2007/02/14)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る
3セレの演奏は、香穂子の場合どうなるんだろうと思っていましたが、演奏が途切れるんですね。
弦が切れたところで、終わるんだ…。

他の人たちは、きちんとモノローグと最後までの演奏ですね。

素人だからなのかな?
よくないとか、言われてもあんまり違いとかわからないんですよね…。

同じ曲でも、さすがに原曲との違いはわかりますが、これがそうと思っているので、わからないんdねすよね。
私が、理解できないってだけかも知れませんが…。


そういえば、今回のCDジャケットは、リリじゃなくて王崎なんですね。
王崎は、第1のときもそうだったような気がするのですが、やっぱり演奏者だからなのかな~。
金澤とかもコンクールに近い立場だけど、演奏とかないですからね。
とういうか、実際演奏者ではないですしね…。
歌い手だからな~。
そう考えると、どう比べられていたんだろう…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。