スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焦燥のクレッシェンド
2007年02月02日 (金) | 編集 |
金色のコルダ ~primo passo~




第17話「焦燥のクレッシェンド」
いきなりの志水のドアップの曲って、驚きますね。
屋上で、話すことになるのですが、志水がすごく眠たそうにしています。遅くまで、練習しているみたいですね。いきなり寝られて、膝枕しています。
そのときに、柚木が来るのですが、落ち込んだ顔をしている香穂子をみて落ち込んでいる奴には、やめろとかいわないといわれます。

屋上に向かおうとするのですが、月森が屋上で弾いているのを聞いて香穂子は逃げます。そこに、土浦と火原が来るのですが、逃げていきます。
前のバイオリンのときから、様子がおかしいと火原がいうと土浦は怒った様子で月森のところへ向かいます。月森は、土浦に日野のことで熱くなるといわれて、かちんときたようですね。

香穂子は、本当にバイオリンが好きみたいですね。
雨の中、自分のことよりバイオリンを優先したりとか。

とうとう第3セレクション当日。
月森、土浦、火原の落ち込んだ様子がありますね。
今回は、王崎は手伝いをしているみたいですね。

今回の演奏は、火原から。
演奏が、ちょっと悪い感じですね。
精神面から、演奏にミスが多いようです。
次は、志水。
普段は、楽譜に忠実なのに、今回は迷いがあるそうです。
あんまり表だってのことがなかったのに、そういう感じってことか。
次は、冬海。
性格の内向的な感じが、なくなればすごくいいようですね。
今回は、いいみたいです。日野みたいな演奏がしたいと思っているみたいです。
次は、月森。
あれ?前7位なのに、ここで演奏なんだ。
完成度が、高い演奏みたいです。
次は、土浦。
佐々木の隣って、部長?見に来ていたんだ。
演奏いいみたいですね。
香穂子は、好きだけじゃだめと思ってしまいます。
そして、香穂子。
迷いが、あるためか。無茶な演奏をしてしまいます。
そして、弦が切れてしまいます。


今回くらいから、なんか演奏順とかオリジナルっぽくなってきましたね。
弦とかこんな感じになっていなかったので。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。