スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後ろめたさのピアニッシモ
2006年12月21日 (木) | 編集 |
金色のコルダ primo passo 


第12話「後ろめたさのピアニッシモ」
黒柚木降臨!
お前がいなくても、困らないか…。
ぼろくそに言われていますね。

様子がおかしくて、友人が心配しているのですが相談しようとしたのですが、失敗しました。
どうしようかとしているときに、天羽さんに会います。
相談しようとしたら、柚木が登場して階段から落ちてしまいます。
怪我をしているということで、無理やりに保健室に連れて行かれて治療をしてもらうのですが、やめたくないといいます。
ベットに押し倒したりしとか、こういう性格をばらしても、一生徒より優等生の方を信じるから無駄か…。
嘘は誰もあること。

土浦も普通科のよしみで相談しろか。優しいですよね。
すごく罪悪感を持ってしまっています。
帰ろうとしているときに、オケ部にいこうとしている火原にあいます。
連れて行こうとしているところに、柚木が来て一緒に来ることになります。
さすが柚木注目を集めるのが、得意だよな~。

土浦が付き合っているという話を聞いて、すばやく否定している火原。
そのときの柚木の口元の笑いが気になる!!
演奏を聴いてほしいという女の子が、いるのですがその演奏を聴いて逃げだして、しまいます。
その途中で、王崎に会います。結局王崎が追いかけることになります。

森の広場で、王崎が追いつきます。
そういえばまだきちんと挨拶していないんですよね。
この人の話しって、いいですよね。落ち着くというか、ほっとするのは納得。
バイオリンを聴きたいと頼みます。
演奏してもらうのですが、香穂子もいろいろと考えさせられます。
周りを見る余裕がなかったというのですね。
スポンサーサイト
テーマ:金色のコルダ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。