スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想Ⅸ:そのほか2(緋の記憶)
2006年11月29日 (水) | 編集 |
水の旋律2 緋の記憶


その2です。
今回は、

・桐原拓哉
・桐原貴人
・加々良愁一
・明月圭
・片瀬哲生
・手塚京輔
・新野憲吾
・桐原政継

の感想です。
・桐原拓哉

デートは、甘いものが中心なんですね。
拓哉は、自分を表現するのが苦手だよな~。
でも、尊きものがあるっていいことですね。

・桐原貴人

陽・・白石が聞けて満足です。
デートをみて、きらが課外授業で終わらせているのは、不審に思わないのか!!
意外に、嫉妬は強いんですね。

・加々良愁一

王様っぷり健在ですね。
遅刻を理由にするのは圭かよ!

・明月圭

圧力鍋の料理を真剣に悩むのは、前回のキャベツを思い出しました。
そこは、成長していないんですね。
外でのアフタヌーンはすごいですね。

・片瀬哲生

優をかわいがるときが、好きで仕方がないです。
きちんと陽菜の思いとか、わかっているんですよね。

・手塚京輔

きらの気持ちを知りながら、もてあそんでいるか・・・。
確かにそうかも、しれませんね。
個人的に斎宮ときちんと会わせてみたいな。

・新野憲吾

そういえば、九艘になっていたんですよね。
すっかり忘れていました。
自覚するのが、2年かかるっていうのもな。

・桐原政継

面白いな~。
秋刀魚と柿の煮物かよ・・・。
奥さん思いですね。
スポンサーサイト
テーマ:水の旋律
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。