スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想Ⅷ:そのほか1(緋の記憶)
2006年11月29日 (水) | 編集 |
水の旋律2 緋の記憶

今回は、攻略キャラ以外のキャラの感想を書きたいと思います。

・柏木きら
・白石陽菜
・日下部仁美
・設楽雅
・シスター

今回は、このメンバーです。
・柏木きら

かわいいというより、かっこいい?と思っていましたが、ぬいぐるみが好きだったりとか、結構かわいいキャラなんですよね。
剣道で鍛えているだけあって、戦闘シーンとかいいんですけどね。
声がトゥルーのときとか、戦闘のシーンとかついているのですが、戦闘はしかたないとして、最後は私自身はいらないと思いました・・・。

・白石陽菜

天泣の力って、役に立ちそうで立たないですよね。
だいたいさらわれていきますが、その力使ったり、使わなかったりとまちまちなんですよね。
引継ぎは、面白かったですよ。
相手によっては、強気だったりとか弱い感じだったりとかね。

・日下部仁美

ある意味強い人。
デート後に現れるのですが、なんでわかるの!
ぬいぐるみスキー同士か。

・設楽雅

普通だったと思ったら、急に態度が変わったりとか精神の高低差がすごいですね。
斎宮をあんなに執着していたのは、安曇・片瀬の問題のこととかのこととかもありますあが、好きだからっていうのも、あるんですね。
ホームにきらをつれていったのは、この人なんだ!

・シスター

何か関係しているのかと最後まで疑っていた人です。
でも、本当に何も関係なかったんですね。
いいこと、いう人だなと思いました。
きらや、ホームの子供たちを思っているんですね。

スポンサーサイト
テーマ:水の旋律
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。