スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想Ⅴ:好春(緋の記憶)
2006年11月25日 (土) | 編集 |
水の旋律2 緋の記憶

今回は、柏木好春の感想です。
まずは、この人が26歳とわかったのが、驚いた!!!
そのことが、わかったのが優編のときだったのですが、本当に驚いた~。
施設に来たときが、もう16歳ってすごいよな~。
これも、注射のせいなんですよね。

しかも、きらが手に文様がでるようになってからは近くによれなくて式神だったなんて!
いろいろと話をきいているとすごいつらそうですよね。
きらのことが、好きだけど、兄貴の遮那のことも大切だからいうことを聞きたい、つらいところにいるみたいですよね。

ちぃ姉とよんでいるときと、普賢になったときの話し方が違いましたが、使い分けがはっきりと違っていますが、同一人物なので聴いた瞬間にあぁやっぱり好春=普賢か・・・。と思った私です。

この人は、ルートによってはばらすときとばらさないときがあるのですが、場合によってはいきなり施設から出て行くし・・・。
ルートといえば、はじめ好春は、九艘か一謡のどちらかのルートで大丈夫かと思っていたのですが、遮那ルートじゃないとトゥルーにならないんですね。
わからなくて、何度も繰り返しました。
おかげで個人のイベントは、埋まっています。


最後のアフターワードのときに、きら以外の女性の名前を読んでいたから、てっきり子供!?とか思った私です。
植物に名前をつけているんですね。
スポンサーサイト
テーマ:水の旋律
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。