スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想Ⅰ:康秀(緋の記憶)
2006年11月15日 (水) | 編集 |
水の旋律2 緋の記憶


今回から、キャラの感想書きたいと思います。
クリア順に書いていこうと思います。
九艘側の人間で、17年前のこととか150年前のことで、一族の中でもよく思われていない家のせいですごく気が張っている人です。

そのためにこの性格か~と思いましたが、後半になっていって変わっている!!
自分の家のために、感情を押さえていたのが、自分の気持ちがわかったから反動でこうなってしまったのかな~と思います。

一謡のきらは、迷惑になってしまうということを聞かされて離れようとしますが、だめでしたね。

最後に、陽菜を探して八咫のところに行くことになるのですが、ここを貴人でやってみたいと思いました。

今までのこと少しは、わかるかな~と思いましたが、やっぱり遮那がからんでいたから、なんですね。
そう考えて、いったいいくつだよ!と思いましたが、遮那の時にわかりましたが・・・。


この人は、好春ルートで一謡側だと面白いですよ。
すごくこのときのキャラと違っていて、面白かったです。
スポンサーサイト
テーマ:水の旋律
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。