スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進んで
2006年10月27日 (金) | 編集 |
Yo-Jin-Bo。クリア状況

・心(とりあえず、主役から。)
・宗重(心と同じルートだし。)
・霞丸(運よく入れたので、行ってみよう!)
・棒(やっぱり棒をやらないと!!)

というわけで、2回目からは、テキストスキップを使い進めております。
霞丸は、いけるとは思いませんでした。
今度は、一刀斎しようと思ったのですが、グッドだけで、ベストEDにたどり着きません・・・。
どのキャラも、ちょっと変えてみれば、どうにかなってきたのに・・・。
どこだ~!!!
というわけで、ネタバレです。

霞丸は、棒のルートで進んでいきました。
そして、朝露というところで「はなす」というほうを選びました。
そうしたら、ペア決めのところで選択肢が3つではなく、4つになっているはずです。
その中の一番下の選択しを選びます。

そうなると霞丸のルートに入ります。

その中の選択肢で、治基との会話で「初姫」、「紗依」と選ぶところがあるのですが、そこで。

「初姫」だと、ベストED
「紗依」だと、グッドED
になります。

最後の信正との選択肢は、どちらも「黙っている」にすればです。
これを、「霞丸を見る」にすると爆笑です。
キャラ別物過ぎる(笑)

ベストEDだと、最終的に結ばれるのですが、現代に行くのですが、
歌手になってる(笑)
すいません。笑ってしまいました。
こうなるとは、思っていなかったので・・・。
スポンサーサイト
テーマ:乙女ゲー
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。