スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
揺れる想い
2006年09月14日 (木) | 編集 |
恋する天使アンジェリーク 心のめざめる時

第9話『揺れる想い』

終わりじゃないんですね。
公式にクライマックスって書いてあったのに!
違うじゃないですか!!
クライマックスに近づいていくのほうが正しい・・・。


前回、アリオスのことを見て泣いているアンジェを見ているゼフェルで終わったのですが、今回は戻るところから始まります。

聖獣の宇宙が何かおかしくなっていることを聞かされるエンジュ。
石版に何ものかが女王の目覚めを妨げているとかかれたこともあります。
何か思い浮かぶ点はないかと聞かれて、アリオスのことを答えます。
ゼフェルは、見ているのですが、知らないと答えます。

その後、ゼフェルはアンジェの泣いていることを思い出しては、つらい思いをします。

アンジェは、力を運ぶために聖獣の宇宙へ行くのですが、不安なこともあるので、ランディがついていくのですが、あの人に会いたいために、館の中を探し回ります。

そして、力をもらいにエンジュがゼフェルのところへいくのですが、集中できないのか、力を渡すことができません。
そのことが、もうだめだと思いさらに落ち込んでいきます。
そのためか、聖獣の宇宙の中の星が鋼の力が不安定になり、おかしくなっています。

その星に、力をわけに行く崖の上で見ているアンジェ。
そこで、またアリオスにあいます。
いろいろと聞きたいことを聞くために近付いて触れた瞬間に光ります。
そうするとなぞの生物が姿を現します。
それは、サクリアの聖霊で人類の壁となるものらしいです。
それが、妨げの原因だというのですが、そのものが力を使ったのか、崖が崩れてしまい・・・。
って感じで終わります。

とりあえず、何話まであるの?
と聞きたいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。