スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連弾
2006年08月24日 (木) | 編集 |
イノセント・ヴィーナス

第5話 『連弾』


見終わった後に、丈はどんなこと話していたのかと思い出すことが恒例になっています。

セリフがあると「しゃべった!」と思うくらいです。





やっぱり先週の登戸博士は聞き間違いではなかったんですね・・・。
グラディエーター作った人なんだ。

沙那は、重要な人というのはこれまでも見ていてわかっていたけれど、これまで執着するのにも、あったわけですよね。
でも、仁が父親のための復讐のために沙那をというのは意外でした。
何かしら理由あってのことだとは思っていましたが、恩があってとかと思っていたので理由に驚きました。

今まで海だったので陸というか緑が多いところにいるとなんとなく不思議に見えてしまう・・・・。


最後の連弾している仁と沙那はかわいいな~と思っていたのに・・・。
倒れましたね。


丈もごらといるのだから、つられていろいろとしゃべらないかな~と思うのですが、必要最低限以下しかしゃべりませんね。
この人にも何らかの理由はあると思うんだけどな~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Noble Roar (アニメ「イノセント・ヴィーナス」OP主題歌)/妖精帝國沙那を連れ周三の元を訪れた仁と丈。そこで、沙那は周三が実の祖父であることを明かされます。さらには、仁が沙那の父親である野太博士とも知り合いであった事実も判明し、さらに混乱する沙那。そんな....
2006/08/25(Fri) 08:12:26 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。