スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4話感想
2006年08月08日 (火) | 編集 |
恋するアンジェリーク 心のめざめる時


4話『ちいさな芽』

感想です。
サクリアの力を送るエンジュ。

そうしていると力によって小さな芽が出ていることに気がつき、もっとがんばろうと一人でいろいろな人に力をもらいます。

けれど、そのもらう力を偏りすぎたせいか将来図がすごい結果になっていました。
明らかに、明るい世界というより、暗い世界へようこそって感じです。

で、それを見てまた一人でがんばろうとするのでゼフェルが一人でやるものではない。周りの誰かを頼れと怒り、エンジュを気づかせます。
私には、ずっとイライラしているのはただのやきもちっぽく見えていたよ・・・。

それで、気がついたエンジュは周りの助言を聞き入れてサクリアの力を聖獣の聖地に力を運ぶのですが、一つ疑問!
助言をもらって運んだのが、緑と風。
今回の話で、1度緑は運んでいるんですよ。
しかも、将来の映像だと、緑の力が強いから、木がすごいことになってない?と疑問になっていたのです。
しかも、闇とか鋼とか運んでいるところ見たことないんですが・・・。
もっとバランス悪くならない?

スポンサーサイト
テーマ:ネオロマンス
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。