スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俗・さよなら絶望先生 第5話
2008年02月05日 (火) | 編集 |
俗・さよなら絶望先生


第5話 「文化系図」
「私はその人を常に残りものと呼んでいた」
「恩着せの彼方に」
カレーの話って、アニメ本編にでてましたっけ?


体育祭の中、糸色先生のクラスは不参加になります。
何故かというと、文化系のクラスなので、不参加で文科系体育祭をするそうです。
でも、内容が危ないものですよね・・・。

体育会系の文化祭は、演劇とか模擬店・・・・。
たしかに、それっぽい。

体育会系と文科系で、わかれて。
文科系でも、文系、理系と3種類に分かれるそうです。
そのわけ方が、飲み物とか。
なんか、差別がすごいですね・・・。
体育会系の投げキッスは、投げられた人がその人に向かっていくというものだそうです。

いろいろなものが、分かれていたものが境界線あやふやになっているそうです。
夕方にやりそうなアニメが、深夜帯。その逆とかも。
引きこもりとニートの境界線か。

千里は、文科系のくせに、運動できる人がムカつくそうです。
晴美は、昔からすごいそうです。
夢オチとかも、文系・理系があるそうです。
爆発オチって、どっち?


福袋が、まだお店で売っているのを見つけます。
残り物が、福があるということではなく、ごみのごみと決めている糸色。
薬局の福袋とか、眼鏡屋の福袋とか中身が怖いそうです。
ペットショップの福袋が持っている小節さん、中身が鳴いているんですが・・・。
残り物には、福があると可符香は、力説します。
豆腐の残りカスのおからとか。
マリアは、余り者でいろいろな福袋を作ったようです。
怖いものばっかりですね・・・。
糸色が、家に帰ると近所の女子大生がカレーを持ってくるのですが、それを食べて体調をくずし、あまり物には福が無いと決め付けます。


加賀さんは、その辺に居る人に傘を差し出します。
恩着せがましくなっているようです。
クッキーを食べておいしいと聞いてきたり、端数を出すだけで恩着せがましいとか、いろいろとあるそうですね。
0円携帯も、そうですね。
既存も確かに!
お客様のためにではなく、自分たちのためっていうのは納得。
神社とお寺は、仕方ないですよね。

加賀さんは、恩着せがましい感じになるのが嫌で断っているのがどうしてもツンデレキャラになっている!
最終的には、ツンデレになるんですね。
でも、ツン詫びになるんですか。


EDが、正式なものになった!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】 学校で、体育祭が開かれている中、これに参加しないクラスがあった・・・。そう、糸色が担任のクラスだ。糸色は、生徒達に文科系体育祭を開くと宣言する。状況が飲み込めない生徒・・・そして、糸色は文科系体育祭の意味を説明?...
2008/02/05(Tue) 22:16:51 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。